2018. 02. 02

「小さな神の子供」主人公2人の全く違ったキャラクターID映像を初公開!!

0202

来る2月24日初放送されるOCNオリジナルドラマ「小さな神の子供」(脚本ハンウリ、演出カンシンヒョハン、制作スタジオドラゴン/ KPJ)は、証拠 – ファクト – 論理で事件を鬼のように追跡するエリート刑事チョン・ジェインと事件の被害者に憑依された後、記憶の断片を集めて特別な直感で捜査をする女刑事キム・ダンが、ベールに包まれた巨大組織にまつわる陰謀を暴く追跡スリラーだ。カン・ジファンとキム・オクビンは、それぞれ「科学捜査の化身」チョン・ジェインと「不思議(神技)」な女刑事キム・ダン役を熱演中。

 

これと関連し、カン・ジファンとキム・オクビンの劇中の姿が見られる15秒間のキャラクターID映像が電撃公開され期待感を高めている。特に今回の映像では、今まで多少重たさを持っていたスリラー物とは異なり、視聴者が見ずにはいられなくなるような期待感を感じさせる二人の姿が込められ注目をひきつけている。特に迫力あふれる演出、何よりもチョン・ジェインとキム・ダンに完全に役にはまったカン・ジファンとキム・オクビン「真逆キャラクタープレイ」面白さを倍増している。

 

まず、チョン・ジェイン役のカン・ジファンは、連続殺人事件の現場に到着し「48時間以内に証拠を探し拘束令状出すか、自白させるかのどちらかひとつにしよう」と指示を下し「エース」刑事のカリスマを見せた。続いて女刑事のキム・ダンに「もともと自分からこんな話はよくしないけど、私のIQは167だよ167」と話しコミカルな「ギャップ感」を出している。さらに事件現場の窓ガラスを手で割って入ってきては相手に「連続殺人事件の容疑者です!」と自信満々に話す姿に見とれてしまうほどチョン・ジェインというキャラクターにはまってしまう。

 

また、事件現場を迅速に鑑識する捜査チームの緊迫した様子と「連続殺人」といったヒントを付けたし「小さな神の子供」が見せる本編への期待感と好奇心をさらに刺激した。

 

制作陣は「カン・ジファンとキム・オクビンのキャラクターID映像を通じて「小さな神の子供」が描き出そうとする差別化された追跡スリラーというジャンルとチョン・ジェイン、キム・ダンの魅力をより身近に感じることができるだろう」とし「キャスティング0順位」だったカン・ジファンとキム・オクビンが「小さな神の子供」で見せる新鮮な演技と、完全に正反対のキャラクターがもたらす楽しさを期待してください”と伝えた。

一方、2018年OCN最初のオリジナルドラマ「小さな神の子供」は「ヒット作メーカーであるカン・シンヒョ監督とドキュメンタリープログラム作家出身のハン・ウリ作家が手を組み作り上げた期待作だ。来る2月24日午後10時20分から初放送される。